英語教育が進むフィリピン、フィリピン語とどっちが大事?

フィリピンの公用語はフィリピン語と英語の二種類があります。

母国語はフィリピン語なのですが、多くの方が上手に英語を使いこなしているのです。

日本でも英語教育がおこなわれておりますが、日本の一般的な学校で学ぶことができる英語よりも、フィリピンの英語教育の方が進んでいます。

日本では英語を学んでも使う機会があまりないかもしれませんが、フィリピンですと日常的に英語を使う機会も多いため、日常会話程度であれば誰もが英語でコミュニケーションをとることが出来るほどの力は持っているのです。

そのため、フィリピンでの就職や転職を考える場合には、とりあえず英語のスキルを持っていれば特に問題はないでしょう。

同僚や友達などとの日常会話、さらには仕事で使うビジネスレベルの英語力があるならば、どのような仕事でも大丈夫でしょう。

ただし、現地のフィリピン人と英語でコミュニケーションが取れるとは言え、もっともっと深く関係を築いていきたいのであれば、母国語であるフィリピン語を勉強していくのも良いです。

もし人材紹介会社に案件を紹介してもらったら必要な英語レベル、フィリピノ語レベルを確認しておくことをお勧めします。

買い物に行ったり、出かけたりするときも、お店の人と英語でやり取りをすることも可能ではありますが、フィリピン語を使うことが出来ればもっと楽しい生活になることは間違いありません。

あまり日本人にとって馴染みのない言語かも知れませんが、せっかくフィリピンに長く滞在するのであれば、まずは簡単な挨拶などからでも覚えていきましょう。

「フィリピンの人材紹介会社をピックアップ」はこちら

このページの先頭へ