フィリピンの医療レベル、病院、渡航前予防接種のこと

日本は医療レベルが非常に高く、安心して病院・クリニックなどにかかることが出来るのですが、フィリピンだとすべての病院が高いレベルを持っているとは言えないのです。

そのため、フィリピンでの就職や転職をするのであれば、万が一のときに備えて安心して治療を受けることが出来る病院を生活圏の中に見つけておくことが非常に大切になります。

たとえば、日本人向けの病院もマニラ都市圏のマカティ市にありますので、こういった病院ならば安心です。

そして、日本人会診療所という医療機関では、日本と同じレベルの治療を受けることが出来ます。

フィリピンは日本と違って非常に水害が多い国ですから、その水害後に衛生不良になり病気が蔓延してしまうことも少なくありません。

日本ではなかなか発症することはない病気もいろいろとありますので、そういった疾患を予防することも大切ですし、もしかかってしまったときにはきちんとした病院で治療を受けるようにしましょう。

日本を発つ前に、予防接種を受けておくことも大切ですから、忘れないようにしてください。

雇用先によっては、予防接種の費用を負担してくれたり、本人だけではなく家族が現地で病気になってしまったときの医療費を補助してくれるケースもあります。

特に小さなお子さまが一緒にフィリピンで生活する場合には大人たち以上に、より細心の注意を払う必要があります。気候も日本とは違うので、健康管理には充分気をつけていくようにしましょう。

「フィリピンの人材紹介会社をピックアップ」はこちら

このページの先頭へ