フィリピンでの就労に使える人材紹介会社をピックアップ

jpphlpn
フィリピンでの就職や転職をするならば、まずは求人情報を見つけなくてはなりません。

1990年代にもアジア就職の熱気がありフィリピン就労を成功させた方がいます。
当時は自分の足でフィリピンに渡航して現地紙や求人広告を探すなどが効果的でした。

しかしインターネットが使える現代では、
何も自分の足で企業を回るという必要はなく、人材紹介会社を利用するのが便利で手っ取り早い方法となります。

日本国内にもさまざまな人材紹介サイトがありますが、フィリピンで働くのであれば、特にフィリピンの情報に強い人材紹介会社を利用するのが良いかと思います。

5つほど紹介します。

リクルートエージェント

agent

こちらはリクルート社が手掛ける海外向け人材紹介サイトです。

主に日本での雇用(つまり海外駐在員)での採用をする求人を扱っています。この点は次章で紹介するリクルート社のもう1つの海外向けサービス「RGF」との違いです。

日本に籍を置き、給与形態も日本ベース、手当も出るので海外での生活も安心のもと送る事ができます。

そういったメリットを教授して働きたいなら、こちらに登録するのが良いでしょう。

 

RGF

rgf

リクルート社のグローバル向けのサイトです。

アジア各地に拠点があり、フィリピンの他、シンガポール、インドネシア、マレーシア、タイ、香港、インド、など日本企業の進出先の国には概ね参画しています。

「現地採用」での雇用形態が基本で、フィリピンでも求人を扱っています。

 

リーラコーエン

reera

フィリピンのマニラとセブにオフィスを持つREERACOEN(リーラコーエン)という会社があります。

ここはアジア各国に拠点を持っている人材紹介会社ネオキャリアグループの一員であり、2014年4月からフィリピンに進出しています。

コンサルタントの方は親身になって就職・転職の相談にのってくれて、初めてフィリピンでの現地就職を考えているという方にも日系企業を紹介してくれます。

 

ジョブポット

jobpot

セブで現地採用で働きたい方も多いかと思いますが、その場合にはセブでナンバーワンフリーペーパーである「Cebu Pot」が運営する「Job Pot ジョブポット」という日系の海外就職サイトも非常に強い味方になってくれます。

セブでは英語を学ぶためにたくさんの日本人留学生が訪れておりますが、そうした語学学校にもコンサルタントの方々が来てくれて海外就職説明会をおこなったり、さまざまなイベントを開催しています。

また、こちらもセブでの就職だけではなく、その他のフィリピン地域の求人も取り扱っていますから、自分に合った情報が見つかるでしょう。

 

フィリピンプライマー

primer
こちらはフィリピンで生活する方のための人気ポータルサイトです。その中に求人情報も掲載があります。

こちらは人材紹介サイトではなく求人の一覧を掲載しているサイトですので、仲介者に依頼するタイプではなく自ら案件に応募をしていくスタイルとなります。

また自分のプロフィールを設定しておく事で人材紹介会社からのスカウトを受ける事もできます。

募集してるのは日系・外資系ともに半々ぐらい。正社員、インターン、アルバイト等雇用形態も豊富です。

 

フィリピンは始まったばかり

フィリピンという市場はまだ始まったばかりです。

何を意味しているかというと昨今、アジアの経済成長は眼を見張るものがあります。

この理由はご存知のとおり、アジア各国は労働人口が若く人口ピラミッドが本当にピラミッドのような形をしています。
消費世代の若者が多く、活気に溢れているのです。

また円高の折に日本の産業を労働力の安いアジアへ移すという事を行ってきたからです。
特にシンガポールや香港は産業が成熟してしまっていますが、タイ、ベトナム、マレーシア、インドネシアはまさに。

そんな中でフィリピンはゆっくり経済成長をしている国で、これから面白い国という印象です。

それゆえフィリピンでの日本人労働者の需要はこれから増えてくると予想されます。

人材紹介会社も若い会社が多いですね。これからフィリピンで働きたいという人材には熱心に支援をしてくれるでしょう。

このページの先頭へ